音楽の仕事に就くなら通信制高校を選ぼう|教育のススメ

学生

広がりを見せる私立高校

学習

サポート校の格上げ

今、東京都内で私立高校の数が大幅に増えています。そして、その殆どが通信制高校です。なぜ、これほどまでに通信制高校が増加したのか、その答えは、これまでの通信制のサポート校が格上げして、正式な通信制高校となったのです。確かに、東京都内には多くの通信制高校が点在していて、それぞれの学校がサポート校と提携していました。生徒は、通信制の高校に籍を置いて、サポート校で授業を受け、レポートのための指導を受けていました。しかし、最近になって、通信制高校の多くが授業サポートを充実させ、サポート校が必要ないシステムに変わったのです。残されたサポート校は、学校法人を取得して、新たな通信制の高校となったのです。正規の学校が増えたことで、通信制を希望する生徒にとって、選択の道が広がりました。

施設が充実している

それでは、元々の通信制システムの高校と元サポート校では、どちらが優れていると言えるでしょうか。一概には言えませんが、これまで、生徒の面倒見のよかったサポート校は、進路として一つの狙い目となります。サポート校の中には、普通の高校と全く変わらない設備と教師陣を備えた学校が数多くあります。東京都内では、特にそのような学校が多いのです。東京都内の元サポート校を見る限り、生徒指導のノウハウは、通常の高校と大差ありません。そして、数々の悩みを抱えた生徒に寄り添う姿勢は、元サポート校の教師の方が優れていると言えます。元サポート校を進路の一つと決めたのであれば、何回か訪問して、学校の先生と面談の機会を持つと良いでしょう。

Copyright© 2016 音楽の仕事に就くなら通信制高校を選ぼう|教育のススメ All Rights Reserved.